検診派遣

高齢者看護ならではの大変な所はどこだと思いますか?

介護施設で働いていて一番大変なところは、認知症の症状についてですね。
認知症による不穏というのは、本当に大変なんですよ。
普段の様子では想像も付かない症状が沢山現れるんですよね。
しっかり歩けないのに徘徊しようとしたり、叫んだり暴言を履いたり、その症状は様々なんです。

 

病院の場合は、鎮静剤を売ったりして対応していると思うんですけど、介護施設の場合は、薬品などは使わないで、
ご利用者を見守るだけなんですよ。
認知症で興奮したご利用者に噛み付かれたりする場合もあるんです。
このような症状というのは、日中ではなくほとんどが夜間に現れるので、対応に困ってしまう時があります。

 

私の職場は、夜勤は看護師が1人体制なんです。
だから、急変など何か起こった時には、1人で判断しなくてはいけないんです。
もちろん介護士が何人か働いているんですけど、ケガなどした場合には看護師がすべて対応する事になるので、
夜勤の時には結構緊張しますよね。

 

でも、認知症の方は何も分からない訳ではないんですよ。
一番辛いのは本人なんですよね。
認知症について理解する事で、不穏が治まるというケースも沢山あるんです。
私達スタッフが、良く理解してあげる必要がありますよね。

 

それと、高齢者看護ならではの大変な所、というか辛い所は、ご利用者の死ですね。
老衰の為に徐々に弱ってしまい亡くなる方もいれば、何の前触れもなく急死される方もいます。
いままでに、何人もの方を看取ってきていますが、こればかりは常に辛い思いで一杯になります。
介護施設は、皆さんが生活している場でもありますよね。
常にご利用者の方の様子を観察して、出来る限りの事をしてさしあげたいと、いつも思っていますね。